ギガらくWi-Fi(東日本)

  • ギガらくWifiハイエンドプラン
  • ギガらくWifi
  • 入居率アップをめざす

「ギガらくWi-Fi」は、中堅中小企業のお客さまが求めるオフィスのWi-Fi環境をレディメイドし、Wi-Fiアクセスポイント装置とその導入から運用までのサポートを組み合わせて提供するサービスです。

「ギガらくWi-Fi」で、配線のない自由なオフィスを手間なく簡単にスタート。
さらに様々なクラウドサービスとの連携で、ワークスタイルも自由になり、生産性もアップ。
オフィスも働き方も自由へ。NTT東日本からの提案です。

Wi-fiとは

Wi-Fi(ワイファイ)とは、無線でネットワークに接続する規格であり、Wi-Fi Allianceという業界団体によって、国際的な標準規格で機器間の相互接続が認められたことを示します。似たような言葉に「無線LAN」がありますが、現在ではほぼ同じものを指すことが多くなっています。

>>Wi-Fi(ワイファイ)入門はこちらから

Wi-Fi6とは

Wi-Fi Allianceという業界団体が最新のWi-Fi規格「IEEE 802.11ax」の正式名称を「Wi-Fi 6」にすると発表しました。なぜWi-Fi6なのかというとIEEE 802.11axが6代目のWi-Fi規格だから。Wi-Fi 6のメリットは高速、混雑に強い、省エネが挙げられます。今後、よりインターネットの通信環境が強化されより高速に便利にインターネットを利用できることが期待されます。

そして新プラン ハイエンド6プラン はこの最新の無線規格Wi-Fi6対応になります。

>>Wi-Fi6についてくわしく

オフィスにWi-Fiを導入するメリットは?

「ギガらくWi-Fi」とは、オフィスや店舗で役立つ機能に加え、
プロによる導入から運用までのサポートが付いた、
安心・カンタン・すぐに使えるWi-Fiサービスです。

ギガらくWi-Fiのメリットの主なものとして、以下が挙げられます。

●Wi-Fiは無線でネットワークに接続するため、LANケーブルを必要とせず、オフィスや店舗のどこにいてもWi-Fiにつなげて仕事ができます。

●スマートフォンやタブレットをWi-Fiに接続すれば、通信キャリアのネットワークを利用した場合よりも、多くの場合、高速・低コストでのインターネット接続が可能になります。

 

配線から自由に

ワークスタイルを自由に

IT管理から自由に

オフィスのどこにいても社内ネットワークにつなげて仕事がしたい

社内での会議も外出先の提案も端末1台で仕事がしたい

オフィスの来訪者のためにインターネット環境を用意したい

月額利用料

ギガらくWi-Fi 月額利用料※1

(Wi-Fiアクセスポイント装置1台あたり)

タイプ 月額利用料(税込)
ハイエンド6プラン (2020年11月4日より)※1 2年 4,180
ハイエンドプラン※2 5年 3,630
ベーシックプラン※3 2年 3,278
ライトプラン※4 - 2,200

※1 最低利用期間の途中で解約された場合、解約金(11,000円)を一括でお支払いいだきます。

※2 最低利用期間の途中で解約された場合、解約金(11,000円)を一括でお支払いいただきます。

※3 最低利用期間の途中で解約された場合、残月数に応じた所定の解約金を一括でお支払いいただきます。
ベーシックプラン:残月数×3,278円

※4 「ライトプラン」最低利用期間は24ヶ月です。利用期間の途中で解約された場合解約金が5500円かかります。

同時接続時の推奨端末台数

  同時接続時の推奨端末台数
(1APあたりの推奨台数)
Wi-Fi区間の最大通信速度
ハイエンド6プラン 100台 2.4Gbps
(IEEE802.11axにて接続時)
ハイエンドプラン 50台 1.3Gbps
(IEEE802.11acにて接続時)
ライトプラン 30台 867Mbps
(IEEE802.11acにて接続時)

 

ギガらくWi-Fi よくある質問

Q1.ギガらくWi-Fiは、光ステーションと何が違うのですか。
A1.ギガらくWi-Fiはオフィスの従業員や来訪者の方にWi-Fi環境を提供できるサポート付き簡単オフィスWi-Fiサービスです。 光ステーションは店舗の来店者に無料インターネットやクーポン配信など集客に役立つコンテンツを提供できる公衆Wi-Fiアクセスポイントサービスです。光ステーションのご利用においては店舗情報の登録とNTT東日本公式ホームページのアクセスポイント検索に店舗情報の公開に了承いただくことが前提となります。 どちらもアクセスポイント装置をレンタルしますが、利用できる機能に違いがあります。
Q2.ギガらくWi-Fiは、家庭用無線LANルータの違いは何ですか?
A2.ギガらくWi-fiは家庭用に作られた家庭用無線LANルータとは異なり、同時接続できるモバイル端末の台数や設定できるSSIDの数が多い、MACアドレス認証で利用できる端末を限定できる、などオフィスの仕事に最適な機能を有しています。
[同時接続可能なモバイル端末台数]
・ギガらくWi-fi:50台(快適にご利用いただける推奨台数)
・家庭用無線LANルータ:通常5〜10台程度
[設定できるSSIDの個数]
・ギガらくWi-fi:ハイエンドプランでは15個、ベーシックプランでは8個
・家庭用無線LANルータ:通常1〜2個
Q3.Wi-Fiアクセスポイント装置はどこに設置をすればいいですか。また、設置をする際に何か基準はありますか。
A3.3つの基準((1)快適に利用出来る範囲半径25m以内、(2)Wi-Fi端末の数は50台以内、(3)電化製品との距離50cm以内)にそって机や棚の上に設置することで、快適にWi-Fiをご利用いただけます。なお、この基準を超えてもお使いいただけますが、快適にご利用いただくため、この基準に沿うことを推奨します。

>>その他のよくある質問はこちらから

ギガらくWi-fi総合パンフレット ダウンロード

ギガらくWi-fi総合パンフレット ダウンロード