OCN 光 IPoE 光回線一括提供型

仕様

  IP1 IP8 IP16 動的IP
OCN
サブドメイン
独自ドメイン
提供方式 IPv6 IP over Ethernet
IPv4 IP over Ethernet
割当IPv6アドレス数 【IPoE】 /56※1(ひかり電話あり)または/64(ひかり電話なし)
割当IPv4アドレス数 【IPoE】 1個 8個 16個 動的IP
端末(レンタル) IPoE対応ルーター
OCN 光 マンション 100Mbps -
200Mbps※2 -
1Gbps
東日本
ファミリー 100Mbps
200Mbps※2
1Gbps

 

月額利用料金(税込)

OCN 光 IPoE 基本料金

  IP1 IP8 IP16 動的IP
マンション 15,015円
24,915円 42,515円 7,315円
ファミリー 17,490円 27,390円 44,990円 9,790円

※ OCN利用料、アクセス回線料、屋内配線料、回線終端装置料をすべて含んだ金額です。

2年割コース(2年自動更新型割引)

長期ご契約のお客さまにお得な料金でご利用いただけるコースです。

  IP1 IP8 IP16 動的IP
マンション 14,300円 24,200円 41,800円 2年割 対象外
ファミリー 16,390円  26,290円 43,890円

※ 2年割コース適用時の料金になります。

初期費用(税込)

プラン IP1 IP8 IP16 for VPN
転用事務手数料※1 3,300円
アクセス回線工事費※2 マンション
19,800円
ファミリー
23,100円
ネットワーク工事費※3 3,300円 無料
IPアドレス割当手数料 - 6,050円 -
ドメイン
代行申請料※1
属性型・地域型JP - 6,338.2円 -
汎用JP/
都道府県型JPドメイン
- 4,950円 -
gTLD - 6,490円 -

 

OCN 光 IPoEよくある質問

OCN 光 IPoEはどのようなサービスですか?

NTT東日本・西日本が提供する光回線をアクセスラインとしてNTTコミュニケーションズが調達し、アクセスラインまで含めたサービスとしてOCNが一元的に提供するサービスです。保守や請求もNTTコミュニケーションズが一括して提供します。接続方式はIPoE方式となり、フレッツ網とOCN網を大容量の設備で接続します。

OCN光「フレッツ」IPoEとの違いを教えてください。

OCN光「フレッツ」IPoEでは、アクセスライン部分はNTT東日本・西日本、OCN部分はNTTコミュニケーションズが請求・保守を行いますが、OCN 光 IPoEでは請求・保守すべてNTTコミュニケーションズが対応します。

OCN 光とは何が違うのですか?

OCN 光はPPPoE方式の接続ですが、OCN 光 IPoEでは接続方式にIPoEを利用。 IPoE方式を採用しIPv6通信およびIPv4通信の両方が利用できるインターネット接続サービスです。 IPoE方式は、従来のPPPoE方式より大容量化した設備を利用するため、混雑しにくいネットワーク構成です。

転用とはなんですか?

転用とは、現在NTT東日本・西日本の提供しているフレッツ光をご利用されているお客さまが、弊社の提供する光回線に契約を変更されることをいいます。