OCN 光フレッツIPoE(IPv6)インターネット接続申込受付

IPoEとは

「IPoE」は「次世代インターネット接続環境」といわれ、 これからスタンダードとなる回線方式です。 従来のPPPoE方式に比べて大容量で、通信が混雑することなくスムーズに行われ、快適で安定した接続環境のため、法人向け回線としても大きなメリットがあります。IPoEは、いったいどのようなサービスなのか、詳しくご紹介します。

IPoEの特徴

次世代インターネット接続環境であるIPoEは、これまでの接続サービス(PPPoE方式)にはないメリットや優れた特徴を備えています。まずは、通信方式の種類やそれぞれの違いについて説明します。

新たな通信方式であるIPoEとPPPoEの違い

「IPoE」とは、フレッツ網からインターネットに接続するための新しい接続方式のひとつで、ほかにも従来型の「PPPoE」という接続方式があります。 IPoE:IP over Ethernetの略。イーサネットを使ってIPパケットを伝送するインターネットの通信方式 PPPoE:Point-to-Point Protocol over Ethernetの略。イーサネットを使ってPPPというプロトコルを伝送する通信方式。インターネットの利用者とISP事業者間の接続で多く利用されています。

比較表

 

PPPoE方式

IPoE方式

セッション制約

NTEに収容できるセッション数による

GWRにはセッションの概念なし

認証方法

RADIUSによるユーザ認証

⇒ID/パスワードを照合(事業者/RADIUSホスティング)

回線認証

⇒ID/パスワードが不要

IPv6アドレス割当

RADIUS/NTEでIPv6アドレス付与(動的)

保有アドレスをNTT東西経由でユーザに付与

(半固定)

トラフィック制約

NTEの上位I/F速度に依存
(最大 東:1Gbps/西:2Gbps)

GWR のI/F速度に依存
(最大100Gbps)

専用端末(ユーザ)

IPv6アダプタ搭載のHGW

v6オフロード利用時は不要。

v4 over v6利用時は別途専用端末要。

説明 かつて、個人宅からインターネットに接続する場合、電話回線からダイヤルアップし、プロバイダー(ISP)を介してインターネットに接続していました。このとき、接続のために用いられていたのが「PPP(Point-to-Point Protocol)」と呼ばれる技術です。その後、通信技術が発達し、ADSLなどの高速回線が登場するようになって、PPPをLANの規格であるイーサネット(Ethernet)上でも使う必要が出てきました。こうして誕生したのが「PPPoE(PPP over Ethernet)」です。IPv4 PPPoE方式では、ユーザー側にルーターやアダプターなどの通信機器を設置する必要があります。 IPoEは「IP over Ethernet」の略で、企業内のLANなどと同じやり方で直接インターネットに接続する方式です。PPPoEでは、電話回線を前提とした技術をイーサネットに応用しましたが、IPoEは最初からイーサネットを用いる前提で考えられています。そのため、PPPoEのように専用の通信機器を必要とせず、接続事業者(VNE=仮想通信提供事業者)を介してシンプルにインターネットに接続できるメリットがあります。

通信内容を暗号化

IPoEを使ったインターネット接続は、従来のPPPoE方式とは異なる通信網や通信設備を経由します。これはいわば、利用者が増えて渋滞している道路とは別に、新しい道路ができた状態です。混雑した道路を避けるように、スムーズな通信が可能なのです。 従来のPPPoE通信と、次世代のIPoE通信の経路を分散させることにより、IPoEではより高速なインターネット通信を可能にしています。

OCN光 IPoEサービス

OCNでは、PoE方式を採用しIPv6通信およびIPv4通信の両方が利用できる新たなインターネット接続サービスを提供しています。 IPoE方式は、従来のPPPoE方式より大容量化した設備を利用するため、混雑しにくいネットワーク構成となっています。

さらに、混雑の原因となりやすい個人のお客さま向けサービスのトラフィックを論理的に分離することで、ビジネスで必要となる、高速で安定したインターネット利用環境を提供することが可能です。

また、従来サービス比2倍の帯域設計となる「標準プラン」と、従来サービス比6倍の「ワイドプラン」があり、「ワイドプラン」では、Windows Updateによる通信を業務用の通信から分離できるため、Windows Updateが実行されている間でも、他の通信が安定して利用できるようになります。 さらに、クラウド型セキュリティ機能をパッケージ化した、「OCN光 IPoE vUTMセット」も提供。 推奨のセキュリティポリシーがあらかじめ設定されているため、複雑な設定をすることなく安心してインターネット接続を開始することができます。

お申し込みはこちら

OCN IPOEは下のボタンよりお申し込みください。

OCN光フレッツIPoE申込

OCN光IPoE申込

OCN光IPoE vUTM申込

新規お申し込み・お問い合わせ

0120-435-233

お電話が混雑してつながらない場合は

月額料金(税込)

OCN光「フレッツ」 IPoE(フレッツ別契約型)

  IP1 IP8 IP16 動的IP
標準プラン 12,100円 22,000円 39,600円 4,400円
ワイドプラン 15,400円 25,300円 42,900円 7,700円

OCN 光 IPoE(光回線一括提供型)

スタンダードプラン IP1 IP8 IP16 動的IP
マンション 15,015円
24,915円
42,515円
7,315円
マンション
(2年自動更新型割引適用後)
14,300円 24,200円 41,800円 2年割
対象外
ファミリー 17,490円 27,390円 44,990円 9,790円
ファミリー
(2年自動更新型割引適用後)
16,390円 26,290円 43,890円 2年割
対象外

 

ワイドプラン IP1 IP8 IP16 動的IP
マンション 18,315円 28,215円
45,815円
10,615円
マンション
(2年自動更新型割引適用後)
17,600円 27,500円 45,100円 2年割
対象外
ファミリー 20,790円 30,690円 48,290円 13,090円
ファミリー
(2年自動更新型割引適用後)
19,690円 29,590円 47,190円 2年割
対象外

OCN光IPoE vUTM

OCN光「フレッツ」IPoE vUTMスタンダード 16,500円
OCN 光 IPoE vUTMスタンダード マンション 19,415円
ファミリー 21,890円

OCN光 IPoE VPNセット

OCN光 IPoE VPN 標準プラン(光一括型) ファミリー 15,840円
マンション 13,365円
OCN光 IPoE VPN ワイドプラン(光一括型) ファミリー 19,140円
マンション 16,665円
OCN光 「フレッツ」IPoE VPN 標準プラン(別契約型) 10,450円
OCN光 「フレッツ」IPoE VPN ワイドプラン(別契約型) 13,750円

「OCN IPv6インターネット接続機能(IPoE)」のメリット

設備の大容量化およびIPv6に対応した次世代インターネット接続環境(IPoE方式)の導入により、IPv4通信とIPv6通信の分散化を図り、利用の集中によるネットワーク設備の混雑を緩和することで通信品質の改善を実現します。

機器構成イメージ

従来「OCN」のIPv6による接続はPPPoE方式に限られており、これに対応するためNTT東日本・西日本が提供するホームゲートウェイ(以下、HGW)または「IPv6トンネル対応アダプタ」の接続が必要でしたが、IPoE方式を導入することで、同方式に対応したHGWに加え、HGW以外の機器*1にも対応するとともにIPv6接続の設定が不要となります。

PPPoE方式とIPoE方式との違い

 

PPPoE方式

IPoE方式

セッション制約

NTEに収容できるセッション数による

GWRにはセッションの概念なし

認証方法

RADIUSによるユーザ認証

⇒ID/パスワードを照合(事業者/RADIUSホスティング)

回線認証

⇒ID/パスワードが不要

IPv6アドレス割当

RADIUS/NTEでIPv6アドレス付与(動的)

保有アドレスをNTT東西経由でユーザに付与

(半固定)

トラフィック制約

NTEの上位I/F速度に依存
(最大 東:1Gbps/西:2Gbps)

GWR のI/F速度に依存
(最大100Gbps)

専用端末(ユーザ)

IPv6アダプタ搭載のHGW

v6オフロード利用時は不要。

v4 over v6利用時は別途専用端末要。

OCN IPoEコンテンツ