OCN PPPoE方式とIPoE方式との違い

PPPoE方式とIPoE方式との違い

比較表

 

PPPoE方式

IPoE方式

セッション制約

NTEに収容できるセッション数による

GWRにはセッションの概念なし

認証方法

RADIUSによるユーザ認証

⇒ID/パスワードを照合(事業者/RADIUSホスティング)

回線認証

⇒ID/パスワードが不要

IPv6アドレス割当

RADIUS/NTEでIPv6アドレス付与(動的)

保有アドレスをNTT東西経由でユーザに付与

(半固定)

トラフィック制約

NTEの上位I/F速度に依存
(最大 東:1Gbps/西:2Gbps)

GWR のI/F速度に依存
(最大100Gbps)

専用端末(ユーザ)

IPv6アダプタ搭載のHGW

v6オフロード利用時は不要。

v4 over v6利用時は別途専用端末要。

説明 かつて、個人宅からインターネットに接続する場合、電話回線からダイヤルアップし、プロバイダー(ISP)を介してインターネットに接続していました。このとき、接続のために用いられていたのが「PPP(Point-to-Point Protocol)」と呼ばれる技術です。その後、通信技術が発達し、ADSLなどの高速回線が登場するようになって、PPPをLANの規格であるイーサネット(Ethernet)上でも使う必要が出てきました。こうして誕生したのが「PPPoE(PPP over Ethernet)」です。IPv4 PPPoE方式では、ユーザー側にルーターやアダプターなどの通信機器を設置する必要があります。 IPoEは「IP over Ethernet」の略で、企業内のLANなどと同じやり方で直接インターネットに接続する方式です。PPPoEでは、電話回線を前提とした技術をイーサネットに応用しましたが、IPoEは最初からイーサネットを用いる前提で考えられています。そのため、PPPoEのように専用の通信機器を必要とせず、接続事業者(VNE=仮想通信提供事業者)を介してシンプルにインターネットに接続できるメリットがあります。

お申し込みはこちら

OCN IPOEは下のボタンよりお申し込みください。

OCN光フレッツIPoE申込

OCN光IPoE申込

OCN光IPoE vUTM申込

新規お申し込み・お問い合わせ

0120-435-233

お電話が混雑してつながらない場合は

OCN光IPoEvUTMコンテンツ