オンラインでお申込
  • 見積お申込 法人のお客様各種見積発行
  • 資料ダウンロード

インターネット

  • フレッツ光ネクスト スーパーハイスピードタイプ隼はやぶさ
  • フレッツ光ネクストハイスピードタイプ
  • フレッツ光ネクストハイスピードタイプ(西日本
  • フレッツ光ライト
  • フレッツ光ライト 西日本
  • フレッツADSL
  • フレッツISDN
  • 光ネクストプライオ
    • サービス概要
    • 料金
    • 他サービスとの比較
    • よくある質問
  • フレッツ光ネクストビジネスタイプ
  • 光・ADSLどっち?

付加サービス

  • ひかり電話
  • 光ポータブル
  • 光iフレーム
  • フレッツ・スポット
  • フレッツ・スポット
  • リモートサポートサービス
  • フレッツ・ウィルスクリア
  • ライセンスプラス
  • フレッツ・ミルエネ
  • フレッツ・エコめがね

ストレージクラウドサービス

映像サービス

OCNプロバイダ

OCNビジネス 固定IP ホスティング

電話サービス

会社案内

  • 携帯電話専用サイト
  • スマートフォン専用サイト
災害時用伝言ダイヤル

プライオよくある質問

「フレッツ 光ネクスト プライオ」と「フレッツ 光ネクスト ビジネスタイプ」との違いは何ですか。

最大通信速度は上下概ね1Gbpsと同様ですが、帯域優先機能や24時間365日の保守対応等、より法人のお客様のニーズにお答えできるサービススペックとなっております。なお、ご利用いただけるオプションサービスについては、「プライオ10」は「フレッツ 光ネクスト ビジネスタイプ」と、「プライオ1」は「フレッツ 光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ」とほぼ同様になります(但し、フレッツ・VPN ワイドの拠点回線としてのご利用は、プライオ10及プライオ1共にできません。)また、月額利用料は、「プライオ10」は「フレッツ 光ネクスト ビジネスタイプ」と同額ですが、「プライオ1」はそれよりも安価に設定しております。

「フレッツ 光ネクスト プライオ」における「帯域優先」と「優先制御」「帯域保証」「帯域確保」等との違いは何ですか。

「優先制御」技術等によって、例えばフレッツ 光ネクスト プライオ10では10Mbps まで優先して通信させる通信方式を「帯域優先」と呼んでいます。
「帯域保証」は予め契約した帯域での通信を保証し、「帯域確保」は通信に必要な帯域を予め確保してから通信いたします。

「フレッツ 光ネクスト プライオ」における「プライオ10」と「プライオ1」の違いは料金と帯域優先の帯域幅設定以外にはありませんか。

料金と帯域優先の帯域幅以外の相違点としては、ご利用いただけるオプションサービスに若干の違いがございます。「プライオ10」では、「プライオ1」でご利用いただける「フレッツ・テレビ」や「リモートサポートサービス」、「訪問サポートサービス」等がご利用いただけません。設備構成についても、「プライオ10」と「プライオ1」とで異なり、プライオ10は収容局とお客様宅を、他のお客様と共用せずに接続するのに対し、プライオ1は他のお客様と設備を共用して接続するため、安価に提供することが可能となっております。

「フレッツ 光ネクスト プライオ」と「Bフレッツ ビジネスタイプ」や「Bフレッツ ベーシックタイプ」との違いは何ですか。

「Bフレッツ ビジネスタイプ/ベーシックタイプ」は最大通信速度上下100Mbpsのアクセス区間を1ユーザで占有し利用するサービスです。「プライオ」とは最大通信速度や帯域優先機能等の違いがございます。また、「Bフレッツ ビジネス/ベーシック」では、「ひかり電話オフィスA」や、今回新たに提供する「フレッツ・VPN プライオ」といったオプションサービスのご利用もできません。

「フレッツ 光ネクスト プライオ」における帯域優先とはどのような機能ですか。

帯域優先とは他の通信(ベストエフォート通信)と共通の帯域を利用するなかで優先制御技術を用いて、他の通信よりその帯域まで優先的に通信を可能とするものです。但し、帯域確保とは異なり、帯域優先機能にて優先される通信同士が輻輳した場合、ベストエフォート通信と同様に扱われます。

「フレッツ 光ネクスト プライオ」においてはどんなに通信が込み合っても10Mbps(または1Mbps)の通信は必ず保証されますか。

帯域優先の通信が混み合った場合、必ずしも10Mbps(または1Mbps)の通信は保証されません。

「フレッツ 光ネクスト プライオ」の具体的な利用シーンはどのようなものでしょうか。

フレッツ・VPN プライオ(H26.8月提供開始予定)と組み合わせることで、安定した拠点間データのやり取りや監視カメラ対応等に利用可能だと考えております。また、その他様々な企業内通信にもご活用いただけるサービスになります。