海外利用について

海外出張先からも050plusで電話代を削減!
どの国からかけても日本発の通話料金になります。

アメリカ→日本 発信
050 plus for Biz→050 plus for Biz 無料
050 plus for Biz→加入固定電話(0ABJ番号)

8円/3分

日本→アメリカ 着信
050 plus for Biz→050 plus for Biz 無料
加入固定電話(0ABJ番号)→050 plus for Biz

発信側キャリアの050番号への通話料

アメリカ→ブラジル 着信
050 plus for Biz→050 plus for Biz 無料
050 plus for Biz→加入固定電話(0ABJ番号)

ブラジルへの国際通話料金
30円/分

海外でのご利用に関する注意点について

NTTコミュニケーションズの独自調査(2011年12月現在)に基づく注意点となります。
全ての法規制を網羅できているものではありませんのでご了承ください。なお、最新の調査内容については050 plusホームページ(http://050plus.com/pc/faq/index.html#a1-1-2)にて情報を掲示しております。

海外への持ち出しについて(輸出規制)

海外出張などで、本アプリをインストールした端末を本人が携帯して持出し・持帰り、かつ本人だけしか使用しない場合には、輸出許可申請は不要です。
ただし、2年未満(家族同伴では1年未満)の持ち出しの場合に限ります。

上記以外の用途で、直接的であれ間接的であれ、海外に輸出若しくは持ち出す場合又は日本国の非居住者に譲渡、貸与若しくは提供する場合は、外為法等及び米国輸出管理規則を遵守するものとし、適正な政府の許可を取得する等の適切な手続を行ってください。

050 plus for Bizの海外利用について

050 plus for Bizは海外利用が可能ですが、050 plus for Biz は暗号技術を使用しているため、各国法令により輸出が制限 される場合があります。

また、050 plus for Biz は050iP電話をインターネット電話に転送するサービスであり、現地国の法令で持込みや利用が制限さ れる場合や、現地国の通信環境(※1)によっては利用できない場合があります。

※1
通信速度が出ない、などのほかに、現地国の通信会社が提供するインターネット接続サービスによっては、voIP等特定の通信を制限している場合が考えられます。詳細はご利用になる通信会社にお問い合わせください。

利用可能地域について

NTTコミュニケーションズの独自調査(2011年12月現在)では、現地国の通信環境に問題が無ければ、次の国・地域での利用が可能です。
なお法改正などにより、ご利用の時点での状況とは異なる場合があり、お客様の利用を保証するものではありません。
実際にご利用の際はご自身でご判断いただくようお願いいたします。

条件など

国・地域名

特に条件なく利用が可能(※2)

【アジア・中東】
韓国、香港、タイ、台湾、グアム、シンガポール、マカオ、フィリピン、サイパン
【オセアニア】
オーストラリア、ニュージーランド
【北中南米】
米国、カナダ、ブラジル
【ヨーロッパ】
ドイツ、イタリア、スイス、イギリス、スペイン、オーストリア、トルコ、クロアチア、チェコ、オランダ、ベルギー

利用は可能だが、条件がある

持ち込み台数(機器)の制限がある

【アジア・中東】
インドネシア

滞在(持ち込み)期間の制限がある

【アジア・中東】
中国(香港・マカオを除く)、インド

事前に当局に持ち込み(機器)の認可が必要となる

【アジア・中東】
マレーシア

※2
輸出規制上、現地国内では次の点にご注意の上、ご利用願います。
・大量破壊兵器や通常兵器の開発などに用いないこと
・使用している暗号技術について、口頭で現地国の人に説明しないこと
・個人利用のみとし、他人への譲渡や貸し出しを行わないこと

利用不可地域について

NTTコミュニケーションズの独自調査(2011年12月現在)では、次の国・地域では持ち出し・持ち込み・利用が制限されています。
ただし、法改正などにより、ご利用の時点での状況とは異なる場合があります。【3】【4】に記載が無く調査を行っていない国・地域を含め、実際にご利用の際はご自身でご判断いただくようお願いいたします。

条件など

国・地域名

日本からその国・地域への持ち出しができない

【アジア・中東】
北朝鮮、イラン
【北中南米】
キューバ
【アフリカ】
リビア、スーダン

その国・地域への持ち込み・利用ができない

【アジア・中東】
ベトナム、カンボジア
【ヨーロッパ】
フランス
【アフリカ】
エジプト